2010年12月31日

《ブライユ生誕200年》5人の盲人作曲家のオルガン曲を披露−−ノートルダム大聖堂で

http://mainichi.jp/universalon/report/archive/news/2009/20090212mog00m040045000c.html

◇5人の盲人作曲家のオルガン曲を披露−−ノートルダム大聖堂で追悼リサイタル

1月4日の夜は、教会オルガニストでもあり、即興演奏が得意だったというブライユの追悼オルガンリサイタルがノートルダム大聖堂=写真1=で開かれた。21時という日本のクラシックコンサートでは考えられない遅い開演時間だったので、献花式のあったパンテオンを後にした僕らはソルボンヌ大学に立ち寄ってからカルティエ・ラタンの一角にあるレストランで腹ごしらえをした。写真2の赤ワインとアツアツのグラタン、そしてパリではおかわり自由が当たり前のバゲットを堪能したあと、日本で言えば「100円均一」に相当するどれでも1ユーロの中古CDショップや古書店を冷かした。

セーヌ川岸にあるノートルダム大聖堂までは歩いて10分足らず。氷点下の寒気に耐えながら開場を待っていると、一般客の長蛇の列ができた。僕らは昼に立ち寄ったヴァランタン・アユィ協会で幸運にも招待券を手に入れたので、受け付けが始まると比較的早く聖堂内に入ることができた。

演奏者のジャン‐ピエール・ルゲー自身全盲のオルガニストで、当日は、ルゲーを含む5人の盲目の作曲家・オルガニストの色彩豊かな作品が披露された。彼らはいずれもパリ盲学校の卒業生で、後にパリの高等音楽院に進学し、音楽教師やノートルダムなどパリの名だたる教会のオルガニストとして活躍。特にオルガニストとしては、ブライユ同様即興演奏の名手として知られているという。

以下、当日配布された点字のプログラムの紹介文から5人のプロフィールを簡単に記しておきたい。中にはクラシック音楽の愛好家として名前は知っていたものの、盲人とは知らなかった作曲家も含まれていて興味深い。

 ◇オーギュスタン・バリエ(Augustin Barie 1883−1915)
スコラ・カントルム音楽院長のアレクサンドル・ギルマンらにオルガンを師事。サン・ジェルマン・デ・プレ教会のオルガニストで、パリ盲学校の音楽教師でもあった。

 ◇ルイ・ヴィエルヌ(Louis Vierne 1870−1937)
セザール・フランクの弟子で、パリ音楽院やスコラ・カントルムなどの教授を歴任。サン・シュルピス教会やノートルダム大聖堂のオルガニストでもあったが、病気や家族の死など悲劇的な生涯を送ったと伝えられる。「ウェストミンスターの鐘」や「Pastorale(田園)シンフォニー」を作曲。

 ◇ガストン・リテーズ(Gaston Litaize 1909−1991)
1938年ローマ対象2位を受賞。パリ盲学校教師、サン・モール・デ・フォセコンセルバトワール教授、サン・フランソワ・ザビエル教会のオルガニスト。「24の典礼のためのプレリュード」などを作曲。

 ◇ジャン・ラングレ(Jean Langlais 1907−1991)
「魔法使いの弟子」の作曲で有名なポール・デュカスに師事。パリ盲学校、スコラ・カントルム教授。サン・ピエール・ドゥ・モンルージュ教会、サント・クローチルド・バシリカ教会などのオルガニスト。多作の作曲家として知られ、「フレスコヴァルディへのオマージュによる主題と変奏」、「三つのグレゴリオ風パラフレーズ」などが有名。

 ◇ジャン−ピエール・ルゲー(Jean−Pierre Leguay 1939−)
リテーズらにオルガンを学ぶ。パリ高等音楽院でオリヴィエ・メシアンに作曲法を学ぶ。当日の演奏では、現代音楽の抽象性の中にメシアンの「トゥーランガリラ」を想起させる平和的なハーモニーが感じられた。

多数の音楽賞で1位を獲得、即興オルガニストとして名誉教授の授与されている。現在、国際的に演奏活動を行う。

これまでに器楽曲、声楽曲など60作品があり、映画音楽の制作にも取り組んだ。

2009年2月12日記事

posted by poka-risu at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。