2010年12月28日

《ブライユ生誕200年》真の点字発祥地クーヴレー村を訪ねて3−−忘れられた墓地(2/2ページ)

http://mainichi.jp/universalon/report/archive/news/2009/20090219mog00m040008000c2.html

◇サン・ピエール教会

写真411時45分。正午の鐘が聞けるかもしれないということで、フランス語なまりの強い英語を話すツアーガイドのムッシュに教会に入れるかどうか聞いてみると、あいにく日曜のミサ以外は閉まっているということだった。外側を一回りするだけでもいいと思い、第1陣のバスグループを見送りながら僕らは役所のそばにあるサンピエール教会=写真4=に向かった。200年前のこの日、1月8日は生まれてまもないブライユがここでカトリックの洗礼を受けているのである。

さっき下りてきた急斜面を上っていると、春のような暖かな日差しを感じた。

「1月のパリでこんな陽気は珍しいです」とTさんが説明した。

ブライユが僕らを祝福してくれているのかもしれないと思った。それにしても、こんな山道をブライユは毎日1人で歩いて学校に行っていたのだろうか。来る時に感じたこの疑問を先ほどのムッシュにぶつけたところ「近所の子がいつもガイドしていたようです」と教えてくれた。ちなみにまだ白杖というものがなかった時代である。

正午を告げる教会の鐘が鳴ったものの、教会の扉は固く閉じられたままだ。中に人の気配はない。自動的に鳴るのだろう。ドンドンと扉をたたくと、大きな残響が内部の空間に吸い込まれていった。

前回訪れたときに中に入った大内氏が「50人くらいが入れる小さな教会ですよ。ブライユが弾いたオルガンがありました」と説明してくれた。

 ◇共同墓地

写真5クーヴレーで最後に訪れたのはブライユの両手が納められている村の共同墓地。遺族からの強い願いで、ブライユの死後100年に当たる1952年にパンテオンに遺灰が移されたときに両手だけをここに残したということだ。門を開けて墓地の中に入ると、朝に降った雪の上に人が通った痕跡がなかったことから、その日は誰も来ていないことが分かった。墓の上に積もった雪を少し払って墓石の上や十字架に点字表示がないか探ってみたが、見つからなかった。(写真5:ブライユの両手だけが残されたクーヴレーの共同墓地。)

隣には父親のシモン‐ルネと2番目の姉のマリーも葬られているという。誰かが手向けた陶器の花がぽつんとさびしく置かれていたのを見て、手ぶらで来てしまったことを後悔した。

ダーウィン、リンカーン、そしてブライユ。今年生誕200年を迎えたこれら世界的な3偉人の中で、パンテオンに祭られてはいるものの、ブライユだけが母国フランスの中ですらほとんど無名のままの地位しか与えられていないのは寂しい気がした。

【岩下恭士】

2009年2月19日記事
posted by poka-risu at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。