2010年07月12日

宇治野宗輝

ネットより収集した【宇治野宗輝プロフィール】

64年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻卒業。
'93年よりオリジナル楽器「LOVE ARM」の製作を開始、以後ライブパフォーマンスを多数敢行。'99年にはメルボルンのフェスティバル「BIG DAY OUT」にも参加。またこの「LOVE ARM」を使って様々なミュージシャンとのコラボレーションも行う。'05年にはオーストリア・リンツで開催された「アルス・エレクトロニカ」にも参加した。
'97年に松蔭浩之と結成した、ロック・デュオ「ゴージャラス」としては、CDをリリースする他、00年の「Rocktober(東京)」に参加するなど日本だけでなく、ロンドン、ストックホルム、ソウルなど海外でも精力的なライヴ活動を行う。
この「The Rotators」シリーズでは、既にスウェーデン、カナダ、NYでもライブを行い、シドニービエンナーレでは「The Rotators」の展示で参加、ライブも行う。
アーティストとしては、国内外で個展開催やグループ展に参加し、「第6回岡本太郎現代美術大賞展」で特別賞を受賞をした他、個展やグループ展も多数行う。

宇治野は家電製品や自動車、家具、中古レコードなどを組み合わせたサウンド・スカルプチャ−《The Rotators》で知られています。一方、大阪を拠点に活動を行うユニットcontact Gonzoは、一見殴り合いの喧嘩と見間違えるような即興的なパフォーマンスで、近年世界各地で注目を集めています。

http://www.youtube.com/watch?v=DC3gGJPv6Kk&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=MfLTmi2aJxA

作品が音楽のおもちゃ(動物の声が出る電子パーカッションおもちゃとか)とどう違うのか?単なる見世物ではないだろうか。
posted by poka-risu at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。